2016年06月28日

月刊群雛6月号の感想

作業の合間に、群雛6月号の感想を。

「“ウェブコミュニティは「共創」と「競争」で物語を紡ぐ”」
 まさに、今が旬のお話。
 2ちゃんの「電車男」あたりの話もあったので、今だけじゃなくて、「歴史」も追ってあって素敵。
 
 編集者は必要。まったくもって同意。

 オイラが所属している某委員会で、先輩が言っていた言葉を。
「客から色々相談来るけど、大抵はパクリの話でさ」
「で、客がみんな言ってるよ。『電子書籍なんか誰も読まないよ。だって編集もされてないんだろ?』って」

 一般的な知識に基づく、一般的な視点だと思う。この先輩がおっしゃっていたのは。
 オイラは群雛に掲載させて頂いたから、「編集のある電子書籍」の存在を知っているけれど。
 カクヨムやなろうのWEB小説がマネタイズされる時には、おそらくプロの編集を通るだろうけれど。

 でも、一般の感覚は、「電子書籍? 編集されてないんだから、質悪いんだろ?」っていう感じだと思う。
 この先入観(?)が将来覆るかどうかは、分からない。
 紙出版の出版社が、紙で出した本の電子書籍版とかも出し始めているわけで。
 
 
「AIのメモリー」
 オイラの3月号の「まんじゅうほしい」は、おもちゃでしたね。
 こういうしっかりした描写を見ちゃうと、そう思う。

 【】を使って、次に出てくる内容がスッと頭に入りやすくする手法は参考になった。
 そして、AI絡みの小説が最近大量に出てきて、嬉しい。AIに興味ある者としては。

 某委員会で、上の方から「AIの法律について検討してくれ」ってお沙汰が来てる。
 っつっても、うちのボスは、サラリと流すつもり。前回の委員会でも結構いろんな意見が出てた。

 脱線したので戻ると、物語性との融合もちゃんと図られてて、かつ一般的なテーマに落とし込み。
 参考にさせていただきます。


「再考の人生」
 星新一先生の雰囲気を、見事に消化している! と思って感嘆。
 黒桃さんの味に吸収されている。
 人の業っていうか、ダメな部分がにじみ出るからなんだろうなあ。引き込まれるのは。
 オチがキレイ。まさに「ショートショート」という感じを受けた。
 
 あと、オイラの勝手な要望も足しておくので、適宜処理お願いします。
 「黒桃さんらしくない文体」の作品を読んでみたい。
 なぜか?
 曲のアルバムとして、黒桃さんの短編集を買った場面を想像した。
 そうしたら、アルバムの最初から最後まで、いつもの文体で進んで終わりそう。

 多分、途中で飽きる。オイラは飽きっぽいから。個別の作品がどんなに優れていても。
 だから、箸休めというか、転調というか、「アップテンポが続いたここでバラード曲が来た!」みたいな変化が欲しい。
 まあ、勝手な要望なんですけどね(苦笑) 

「太陽のホットライン」
 この号のイチオシは断然これ。
 なぜか? 
 美味しんぼの、京極さんの言葉を借りて表現してみる
「海原はんは、なんてものを食わせてくれはるんやぁああああ!(泣)」

 美味しいものを出されたら、美味しいって思うのは当然なんだけど、
 海原雄山は、京極さんの「生まれ育った」所から食材を持ってきた。(うろおぼえ)
 それが、京極さんに「子供の頃の自分」を思い起こさせた。美味しいだけじゃなくて。
 で、京極さんが感動して、山岡はんじゃなくて、海原はんの料理を推すわけだ。

 そういうのが起こった。
 オイラの体験というか、今の悩みとかにシンクロしたわけです。
 「共感」ってやつですね。おそらく。

 普遍的なテーマの強さってのを感じました。
 で、それを出すには、第3回までの描写がしっかりしてるからこそ、なんであって。

 オイラの一発芸なんかとは全くもって違う。


「Newton」
 オイラ、大学自体は教育学部の理学科数学専修にいました。
 一応、当時の教員免許も取った。中学と高校の数学で。教員としては活動してないけど。

 詩に出てくるワードが、かなりの頻度で、馴染みの深いもの。
 詩なんだけど、思考が先にある感じ。

 「命題と真と偽」が一番好き。
 というのは、数学用語が並んでいるだけで終わらずに、
 そこから「自分の話」に繋がっていたから。
 面白い着想だと思います。


「フィエロ王国戦記」
 この作品は寝かせます。今は長編のスキルが足りない。「背骨をどこに作るか」って所から積まないと。
 今後描きたい所は沢山あってですね。
 王様が、参謀タイプの部下(新キャラ)に、議論負けしちゃう所とか、
 王国謹製ストラップと、森田による自作ストラップとの、貨幣としての用途機能の違いとか、
 「盾」と「盾」とをぶつけ合う、アツいバトルとか、
 経理担当官のドジっ子話とか、
 書き損じ姉さんと、その書道の師匠との、「書の道を極めようとする」こだわりとか。
 他にも沢山。
 多分、毎回「戦わなくちゃ、○○と!」と言わせると思います。(○○が魔物とは限らない。でも「戦記」)

「RestNet」
 こないだ、TwitterのDMで感想をお送り済。
 そういう個別対応もしますんで、「感想くれよん!」のニーズがあれば、TwitterのDMでどうぞ。

「ジューン・ブライド」
 秀逸!
 背景も白、ウェディングドレスも白。
 「きれい・・・」って思わず声が出そうになった。

 2年ぐらい前ですかね。嫁にウェディングドレス着せたのは。
 胸元に白い花をあしらったやつとか、色々着てもらいました。
 結局、後ろの裾の流れがキレイなものを選びました。
 
 表紙のドレスは、ベースはシンプルなデザインを基調にして、
 そこにカラフルな花で彩りが加えられていて、すごくいいですね!

以上。
タグ:群雛
posted by にぽっく at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175851881

この記事へのトラックバック